japan drive

にっぽん あちこち。

蟻の気持ち

雪が積もる日が続き、今日で3日目です。

もうね、雪かきも だんだんと蟻になったような気分になるんですよ。

蟻が砂糖の山を掘ってるような。

蟻じゃないから嬉しくもないし、義務的にやるだけです。

 

今朝も30㎝くらい積もってて、とりあえず玄関から車までの歩く道と 車周りを掘り、車の上の雪をどかしてきたんだけど、2時間後に外を見たら、「あれ?私、さっき雪かきしたよね?」みたいな景色になってました。

 

現実逃避したいです。

こたつで寝転んで、ポテチ食べながらビデオを見たいです。

 

そんな事言っても仕方ないから、雪の上に寝転んで天使になってみました。

 
f:id:japandrive:20170212121546j:image

て、遊んでたら除雪車が来ました。

はうう、ワシの天使ちゃんが…

 
f:id:japandrive:20170212121639j:image

 

屋根付き車庫が欲しいです。

でも、あともうちょっとだから頑張ろう。

ていう、自分との戦い。

猫とエレキを連れて帰らなくちゃ。

またまた雪が積もりまひたわん。

今朝の積雪は30㎝以上はあるかと。一晩で。

 

なんか今日の雪は重い!

水分を多く含んでいるのか、掘りにくいし重い~。汗

春が近いからなのかなぁ。

でも、今日の夕方からは更に…なんていう酷な天気予報。

やだよぅ、もう降らなくて良いよぅ。涙

 

話は変わって、

最近、夜中に何か気配がしてたんです。

そしたら夕べは、目が覚める様な物音で(子供は寝てましたが)、何かがガリガリツタタタと家の中を走り回ってました。

 

ミッキーリターンですかね。

 

実は、うちで飼ってた猫は、12月に先に市内へ お引っ越しいたしたものですから、猫がいなくなったら またネズミが戻ってくるんじゃないかと心配してはいたんです。

ていうか、夕べのはネズミ以上の音だったから、もしかしたらイタチ系かも?

なんにせよ、動物が家の中に入ってくるのは嫌です。衛生上も宜しくない。

というわけで、この雪の中を市内の家まで帰ります。

猫ちゃんに、出張依頼です。

 

それから、最近また少しギターの練習を進めて、何の目的もメリットもないのですが、エレキギターの練習をしようかな、と。

例の変態ベーシストの影響で、今まであえて聴こうとしなかったボーカロイドの曲を最近聴くようになったんですょ。(おぉー、ちょっと進化かも。でも完全に時代遅れ。)

初音ミクは、存在ほどは知ってましたが、曲を聴いた事はありませんでした。

ヲタク若い人のジャンルのものだと思って。

あっ、じゃあ長男とか聴いてるかも♡

 

けど、私も もともとYMOで育った世代ですから、そんなに電子音に抵抗はなかったんですよね。

むしろ、好き。

でも、やっぱりYMOとは違うねぇ。

初音ミクの曲って、いろんなタイプがあるんですね。結構面白いです。

最近の子は、こういう可愛いの聴いてるんだね〜。おばちゃん、知らなかった。

こんな早口で歌えるなんて、さすがボーカロイド

 

hjfreaksさんが使ってた「独りんぼエンヴィー」ていう曲は入りやすい曲なんだけど、今までフォークとかの簡単な曲ばっかりやってきた私には むずい。

コード進行も、えっ そう来るか?みたいな。汗

いつも使ってるアコギで、エレキの曲は弾きにくい。

なので、次男に貸してたミニエレキギターを猫と一緒に持って帰ります。

アンプ内蔵なんで手軽で良いのですが、逆にそのアンプが邪魔で弾きにくいっていう設計ミス。困

 

いまだにコードBが、うまく押さえられない私は どうすれば良いんでしょうか、先生。(←誰?)

 

鳥は目を閉じる時、下まぶたを閉じる。

この間、自宅の近くの道路で鳥が横たわっているのを見つけました。

最初は、遠くから見て何かあるなとは思ったんですが、近付かないと何かわからなくて、鳥だと確認し、よけて通りました。 

そのまま進みながら、ペッチャンコではなかったよなー、タイヤで轢かれた訳ではないのかー、あのまま置いといたら後の車が轢いちゃうよなー…と思いました。

 

少し先でUターンし、鳥を拾いに行きました。

戻って見てみると、スズメより2〜3倍大きい鳥で、茶色い地味な鳥だけど、綺麗な鳥でした。

(後で調べたら、ノビタキという鳥でした。)

拾い上げると、まだ身体は温かくて、今 落ちたばかりなんだなと わかりました。

脈もあって生きていたようですが、もう首がだらーんとしてしまっていて、今にもダメそうでした。

 

とりあえず連れて帰って、脈がなくなるまで そばに置いときました。

夜になると、やはり冷たくなったので、翌朝 庭に埋めてやりました。

最近、私も運転中に車の前を鳥が横切る場面に何度も会っていたので、きっとこの鳥も、車のフロントにぶつかって事故したのだろうと思います。

 

田舎では、鳥は滅多に無いにしても、狸はよく秋に轢かれています。

街で猫が轢かれているのと同じです。

 

昔、結婚したばかりの頃に、旦那サンの店(自営)の前で猫がペッチャンコになっていました。

店の前は国道で 車の量も多い所なんですが、まぁ、当たり前の様に誰もが知らん顔です。

私は自分が働いてる店の前だけあって、知らん顔も出来ず、とりあえず役所に電話して、どう処理すれば良いのか聞いてみました。

そしたら、役所は「袋に入れて、燃えるゴミの日に出しておいてください。」と。

生ゴミ扱いだと言うんです。

 

わからなくもないが、わかりたくもない。

若かった私は、役所に連絡すれば、ソレ担当の方が それなりに処理しに来てくれるものだろうと思っていたので、ショックでした。

 

渋がる旦那サンを連れてペッチャンコの猫を袋に入れ、近くの山に埋めに行きました。

まぁ、自分ちの山でもなく勝手に埋めちゃったんですが、ゴミ置場に持って行く気持ちにはなれませんでした。

 

田舎では どうなのかと言うと、轢かれた狸は側溝に投げてありました。

近所の方が、通行する車の為に善意でしてくれたのでしょう。

自分の土地の近くなら、埋めてやる事もあるそうですが。

農家の方は大変なので、害獣扱いなのは わかります…。

 

なんだかなー と思うのは、人間と扱いが違う所です。

自分も鳥に対して、病院へ連れて行くわけでもなく、ただ見守ってただけなのですが、それが正解だったのかどうかを考えてしまいます。

 

 

 

⚠︎余談ではありますが、

野生の動物は、人間が免疫を持っていない菌を たくさん持っているらしいので、絶対に素手で触ってはいけないそうです。

私のように、鳥や蛇などの小動物を触った後でも、必ず綺麗に手を洗って菌を落として下さいね。

 

ひさしぶりに

山口県の西へ。

 

下関、唐戸市場。


f:id:japandrive:20170201140409j:image

 

日本人と見分けがつきにくい外国人観光客がいっぱい。ていうか、ほとんど。笑
みんな、お寿司とかフグのフライとかを買って食べてらっしゃいました。

私達は、ここへ来る前に瓦そばを食べて来たので、フライだけおつまみしました。


f:id:japandrive:20170201140535j:image


f:id:japandrive:20170201142914j:image

 

市場なのに、すでに午後だったもんですから、ウチワエビやナマコやサザエしか見られず…。汗


f:id:japandrive:20170201140603j:image

 

(つついては、いけません。)


f:id:japandrive:20170201144433j:image

 

お土産屋さんを覗きながら、ぶらぶら散歩して海響館へ。

グッドタイミングで、イルカとアシカのショーが始まる。

 

f:id:japandrive:20170201141349j:image

 

ショーを見ながら思い出す。

母 : 「そうそう、これ、何年も前から見てみたかったショーだったんだわぁ~♡」

次男 : 「そういえば、小学校の修学旅行で来たんだったわぁ~」

 

f:id:japandrive:20170201141517j:image

 

シロナガスクジラの全身骨格標本は、日本で唯一ここでしか見られないそうです。

最初、なんで水族館に恐竜の展示なの?って思っちゃった。あは

 

この土日は特に天気も良かったんだけど、広島北部に比べたら、本当に暖かくて過ごしやすかった〜。

冬の下関、良いなぁ。

 

昨日は放射冷却で朝マイナス10度まで下がったが、そんな時じゃないと見られない景色は格別なわけで。
f:id:japandrive:20170127082453j:image

雪は降らなかったけど、積もってた雪の上にはセロファンを粉々にした様な氷がキラキラ。

でも、寒さで顔が痛い!

 

中国山地でもこんなに寒いんだから、北海道のスキー場でバイトしてる長男は、一体どんな気温で働いてるんだ?!と思いメールすると、珍しく返事が返ってきました。笑

長男が働いてる所では、今週マイナス17度まで下がったとか…

f:id:japandrive:20170127082741j:image

母さんなら絶対無理! こんなピシピシの窓とか怖い!

f:id:japandrive:20170127082812j:image

よく頑張ってるね!!偉いね!!って褒めといた。

だって、ちょっと前までは登校拒否で引きこもりだったんですもん。

ほとんどネトゲ廃人でしたもん。暴れてましたもん。

「できない子ほど可愛い」とか聞きますけど、可愛いわけないじゃない。

どんだけ辛かったか、コノヤロウ。(これは、そのまんま旦那サンにも言いたい。)

ですが、子供は子供。今が良ければ許せるものです。(旦那サンは一生許さんが。)

あの頃に比べたら、幸せです。

北海道でも何処へでも行って、バイトでも何でもやってくれ。

どんどん社会に出て行ってくれ。

できれば、家に帰るな。笑

 

あの頃は、いっつも「春よ来い」って思ってた。何年も何年も思ってた。

今は、子供達がみんな普通に生活してくれてたら、いつも母は春でいられるのであります  まる

 

まぁ、まだ一番下が小1だけどもね。orz

天才から変態へ

去年の夏頃、ドラムを練習してました。

息子達が昔 使ってた電子ドラムが、押入れに入ったままで勿体なかったので使ってみようと。

初心者向けの教則本買って一冊やりきったのですが、どうも簡単な教則本だったみたいで すぐに終わり、なんとなく達成感もなく暇になったので、ユーチューブで上手な人の動画でも見てみようと思ったんです。

 

最初は、台湾のドラム女子にハマったんです。

陳曼青ちゃんと、羅小白ちゃん。

二人とも、ストリートパフォーマーなんですが、可愛い!そして上手い!!

陳曼青ちゃんは美人で、メタル系の曲もやったりするんでカッコいいです。

羅小白ちゃんは笑顔の素敵なメガネっ娘で、スティック回しがカッコいいです。

もともと陳曼青ちゃんが先にやってて、それに憧れてドラムを始めたのが羅小白ちゃんです。後に一緒に共演するほど仲良くなります。

 陳曼青ちゃん。↓

youtu.be

アメリカのsystem of a downというメタルバンドの曲「toxicity」のカバーです。

ハードです。ツーバスかっこいいです。

後ろに座ってるのは羅小白ちゃん。

 

羅小白ちゃん。↓

youtu.be

例の韓国の人気の曲ですね。

見ていて気持ちがいい。

 

ま、そこまでは健全でよかったのですが…

じゃあ、日本には そんなドラム女子はいないのか?!と思って検索したら、やっぱりいるんですねぇ。

日本の天才少女ドラマー、川口千里ちゃん。

見た目とギャップがあり、もの凄いパワフルなドラムを叩きます。

ただ、パフォーマー的には台湾少女に負けてる気がします。(素人の意見です ;)

それは置いといて…川口千里ちゃんをいろいろ見てたら、次は韓国のベーシストに繋がりました。音楽は国境を超えますねぇ〜♪

しかしここで問題発生。

この韓国のベーシストが普通じゃない。まぁ、正直プロなんですけどね。

変態です。

女装です。

頭文字を取って H.J.freaks さん という お名前です。(わかりやすい。)

 

まず最初に、正視できませんでした…。(私としたことが…)

見ちゃいけないものを見たような気がしたんです。涙

で、最近になって思い出して、H.Jさんのページを覗いてみると…更新されてました。笑

人間て、怖いものです。

慣れます。笑

ちゃんと見ると凄いんです。一応プロですからね。

珍しい5弦ベースや8弦ベースも出てくるんです!

ただね、変態に目を奪われてしまうんです…

 

最近のアップされた中で面白かった良かった動画がこちら。↓

例の人気動画を使ったベースカバーです。

正確には、ppapと、ゲーム音楽の「bad apple」という曲を編集してるみたいなんですが、とてもうまく編集されています。曲も、動画も。

あ、もちろんベースも。

※ 気分を悪くされた方は、ただちに途中で停止して下さい。m(._.)m

youtu.be

(hjさんは、ニコニコ動画の方が主体なので、登録がある方はそちらで鑑賞された方が楽しめるかもしれません。)

ちなみに、この動画では5弦ベースを使われています。

ていうか、川口千里ちゃんは十代なのに、こういう変態と交流してはダメなんじゃ…?!

 

私は完全に毒に侵されたようで、だんだんhjさんが可愛く見えて来るようになりました。おねーを彷彿させるものもあるわけで…。

寒すぎて、頭が壊れてしまったのかもしれません。

 

今朝の気温、マイナス10度でした。

 

足跡を追って

朝。

15センチほど、また積もった。

玄関の前に動物の足跡が。

f:id:japandrive:20170121141502j:plain

狸なのか 近所の猫なのかは、雪が深くてよくわからない。
f:id:japandrive:20170121140723j:image

玄関を横切り、にわのほうへ。
f:id:japandrive:20170121140742j:image

背の低い木の下で、なにやら歩き回った模様。
f:id:japandrive:20170121140817j:image

その後、山の林の方へ。
f:id:japandrive:20170121140829j:image

家の裏は、まっさら。
f:id:japandrive:20170121140844j:image