読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japan drive

にっぽん あちこち。

ティム・バートン最新作

映画

クリスマスらしく、家族サービスしました。

 

まず、小学生の娘のリクエストで「ファンタスティック ビースト と 魔法使いの旅」を見に行きました。

ハリーポッター関連の映画ですが、ハリーポッターみたいに面白いのかと言うと、そうでもないわけで。

中学生のお客さんが多かったです。その辺りの年齢の人が楽しめる映画かな〜。

マスターさんの言う様に「まぁまぁ」でした。笑

大人は、中弛みなシーンで ちょっと退屈しちゃいましたね…。

 

で、翌日、高校生の次男のリクエストで「Supersonic」を見にショッピングモールまで連れて行きました。 

これはイギリスのバンドOasisのドキュメンタリー映画で、ファンじゃなければ全然楽しめないので私は見ずに、新しいメガネを作ったり、30%オフのセーターを買ったり、それなりに買い物を楽しんで帰りました。

で、次男に「面白かった?」って聞いたら、「まぁまぁだった。」って。

こっちも、まぁまぁか。笑

まぁ、ドキュメンタリーなんて、そんなもんだろう。

 

そもそも、なんで今どき、次男がオアシスやレッチリウィーザーニルヴァーナに興味を持つのか わからない。

どれも90年代のバンドなのに。

私が、高校生辺りでツェッペリンやディープパープルを聞いてたのと同じ事か。

そう思うと、なんか凄いなぁ。時代の流れを感じるわぁ。

 

映画館で宣伝してた 来年の2月ロードショーの映画。

ティム・バートンの最新作「ミス・ペレグリン と 奇妙なこどもたち」。

f:id:japandrive:20161224160640j:plain

またまた、ダークな世界が広がって面白そうな予感。

 

ストーリー

フロリダで生まれ育ったジェイクは、周囲になじめない孤独な少年。そんな彼の唯一の理解者である祖父が謎めいた死を遂げた。祖父の遺言に従って小さな島を訪れたジェイクは、森の奥で古めかしい屋敷を発見。そこには美しくも厳格なミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちが住んでいた。やがて彼らと心を通わせ、夢のような時間を過ごしたジェイクは、自らに宿ったある“力”に気づき、屋敷に迫る恐るべき脅威に立ち向かって行くのだった…。

 

奇妙なこどもたち というのは、透明少年や、火を操る女の子や、オモチャなどに命を吹き込む力を持つ男の子などなど…

X-menに出てくるミュータントの学校とダブってる気がしてならない。笑

でも、ティム・バートンだから、きっと面白いハズ。そして、どこか心温まる場面があるはず。

寒くて退屈な2月のお楽しみが見つかったぜ!✌︎