japan drive

にっぽん あちこち。

富士山?ツーリング

毎日の日課としてグーグルマップを見ているのですが、通ったことがない道や知らない場所は限りないわけで。

先日たまたま広島県内に「富士山」を見つけたんですYO!

 

へぇー 広島にも富士山って山があるんだぁー。と思って行ってみる事にしました。

場所は、三次市吉舎町です。

 

 

東北の旅 以来の久しぶりのツーリングだったので、お気に入りの世羅町を通ってパン屋さんでパンを買い、432号線から上下町を経由して、27号線へ入り三次市へ。

この27号線は通ったことがない(たぶん)ので楽しい〜。

 

途中、福塩線の梶田駅近くの“梶田大橋”を渡ってからの、くぐってからの425号線へナビが案内した(この、のの字に道を進んだり、橋をくぐったりするアプローチがたまらんw)

のだが、その先で全面通行止めってな。(もう、あるある になって来てる。)

まだ土砂崩れの箇所が残されている様です。
f:id:japandrive:20180904115249j:image

仕方ないので進路を変えて、また梶田大橋の下をくぐってから27号線をもどる。

変態ぽいな。
f:id:japandrive:20180904115304j:image

 

184号線〜426号線を通って、ようやく富士山に上がる道に入ります。

 

山頂に近づいた所で牛がいました。
f:id:japandrive:20180904115321j:image

バイクを止めると一斉に牛達がこちらを見たので、謎のドキドキ…。

こんなに近くで牛が見られるなんて、のどかでいいなぁ。

ここからすぐに行き止まりに着きました。
f:id:japandrive:20180904115345j:image

行き止まりには、「とみしの里 体験交流センター」という施設がありました。

この駐車場は、ここのログハウスの駐車場みたいです。トイレもありました。

登山口は駐車場のすぐ横にあったのでバイクを停めさせてもらって、さて上がりますか。
f:id:japandrive:20180904115403j:image左へ進むと登山道。右はちょっと上に上がった所にある広場に続いてた。
f:id:japandrive:20180904115426j:image

ものの2〜3分で動悸・息切れが。汗

完璧な運動不足。

8分で頂上に着いたが、普通の人なら5分以内で上がれるだろう。小学生男子なら駆け足で3分で上がれそうな頂上です。

 

頂上は猪がアチコチ掘りまくってて、いつかあの外灯は倒れるだろうょ。
f:id:japandrive:20180904120335j:image

ああ、死ぬ。
景色は後で見るから、とりあえず座らせろや。
f:id:japandrive:20180904115514j:image
ん?

とーみーしーやま?
f:id:japandrive:20180904115629j:image
んん?

富士山じゃ…
f:id:japandrive:20180904115705j:image

富士山…

とみしやま…

 

騙されたぁー!!


…いや、騙してはいない。汗

思い込んでただけだ。

 

たまにあるけど、山に複数の名前があるのはどういう事なんでしょうね?

まぁここの山は、読みは一緒なんだけども。紛らわしい…。

芸北の“臥竜山(がりゅうざん)”も別名“刈尾山(かりおさん)”というし、どっちが正しい名前なのかわからない。

まぁ、ええわ。

 

下界は30度を上回っていたけど、やっぱり山頂は涼しいものだね。
f:id:japandrive:20180904115757j:image


はぁー
f:id:japandrive:20180904115819j:image

 

気持ちいいです。
f:id:japandrive:20180904115740j:image

はらへったー
f:id:japandrive:20180904115906j:image

 

動悸が治ったところで食べます。
f:id:japandrive:20180904115926j:image

一服したら帰りますー。

 

家を出るのが遅かったので、もう夕方どす。

牛もお家に帰りますよ。
f:id:japandrive:20180904115956j:image

古めかしい牛舎が可愛いです。
f:id:japandrive:20180904120009j:image

 

その傍にあった公衆電話ボックス。
f:id:japandrive:20180904120348j:image

ボックスの私有化…

もっとうまく活用するには?

などと、どうでもいい事を考えながら帰路につきました。