japan drive

にっぽん あちこち。

ソロキャンプツーリング

10/8(日)~10/9(月)

 

先月の台風からのリベンジで、やっとこさ行って来ました、初ソロキャンプツーリング!

 

今回のメニューは、

岡山県 「広兼邸」と「吹屋ふるさと村」

② キャンプ

島根県湯村温泉

島根県ハンバーガーショップ ピコピコ」

島根県 「おろちループ」

 

 

前日に問題発生。

今回は天気を確認する為に、前日までキャンプ場の予約をしませんでした。

連休の晴れマークを確認し、前回 台風でキャンセルしたキャンプ場に、もう一度 電話したら…貸し切りになってました…orz…しかも半年前から決まっていたそうで…。

 

そんなに人気のキャンプ場ではないので、完全にアテにしていました。

他を調べてみるも、安いキャンプ場は役場等が管理していて、予約は平日受付のみ。

高いキャンプ場は、フリーサイトでも三千円以上。

私の中では、ソロキャンプで三千円以上ってナシだと思っているので。

…非常に困りました。

予約なしでもいけそうな無料キャンプ場もありましたが、誰もいない可能性がありそうで、それはさすがに怖いのでやめときました。(一応、初めてだし。一応、女だし。汗)

 

当日の朝方、まだ暗い時間に目が覚め、グーグルマップで しつこく検索。

不思議なことに、今まで何度も検索して出なかったキャンプ場が今になって出てくる!

値段もお手頃!場所も、ちょうど良い!

ただ、空きがあるかどうかだ…。汗汗汗

 

 

1日目。

とりあえず、家を出発。岡山方面へ。

 

世羅町に入ったところでキャンプ場に電話してみる。

予約完了〜〜〜!!

なに、この言いようのない安堵感っ。

青空も出て来てテンション上げて走るじぇー。

 

 

途中、沈下橋を発見。
f:id:japandrive:20171011160422j:image

川の水も透明で、素敵な所♪

ちょっとお腹が空いたので、カロリーメイトで休憩。

(追記 : 後で調べたら、成羽川という川の「岡山県高梁市備中町平川の付近」と出ました。)

 

 

お昼過ぎにようやく、岡山県高梁市にある「広兼邸」 に到着。
f:id:japandrive:20171011101746j:image

ここは、映画「八つ墓村」で使われたお屋敷です。石垣が城の様です。立派な建物。

中も見学したかったのですが、今回はキャンプがメインなので先を急ぎます。またの機会に。

 

すぐ近くで珍スポ発見!
f:id:japandrive:20171011103135j:image
時間が無いので、泣く泣く先へ…。

 


「吹屋ふるさと村」

石州瓦とベンガラ漆喰壁の赤い町並みで知られ、歴史的町並みの残る6.4ヘクタールの範囲が重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。

ウィキペディア より)
f:id:japandrive:20171011101842j:image

バイクを停めて散策すると、タイムスリップしたみたいな雰囲気が楽しめます。
f:id:japandrive:20171011101915j:image
ベンガラ色の格子戸。
f:id:japandrive:20171011101955j:image

(追記 :  なお、旧 吹屋小学校は、只今工事中で何も見えない状態です。

私は知らずに行ったので、ガッカリでした。

• 保存修理の期間 平成27年10月~平成32年3月末

だそうです。ご注意を。)

 

 

吹屋は高原地帯にあるので、峠を下って新見市へ。

新見市ではスーパーに立ち寄り、夕食のお惣菜と 朝食のパンを購入。

この周辺は、スーパーにしてもホテルにしても、昭和な景色が残っていて面白い。

 


15時過ぎに真庭市美甘。今回お世話になる「クリエイト菅谷」に到着〜!

 

早速 受付に行くと、「空いてるので、お好きな場所を選んで下さい」との事。

団体さんとか家族連れとか、結構 人はいたんですよ。でも、施設が広く、うまくみんな散らばったみたいで、私が選んだテントサイトには誰もいまへんでした。

なんという幸運!!

解放感があるのに、安心して泊まれる。素晴らしい。お値段1500円っ。

 

ただね、このサイトの周りの砂利道が怖いのょ。急な下り坂で一方通行なのょ。

f:id:japandrive:20171012213308j:plain

北海道の麓郷展望台で こけて以来、私にとっては天敵の砂利道…

後ろブレーキだけをかけながら、ゆっくりゆっくり移動しましたわょ。汗汗汗

 

水場が近い一番端っこの広いサイトに決めました♪ 贅沢ぅ。
f:id:japandrive:20171011102111j:image

うん、テントも上手く張れました。

マットに空気も入れて、シュラフも敷いて、日没前に準備完了!
f:id:japandrive:20171011102332j:image

ようやくご飯ですぅ〜。ぺこぺこですぅ〜。くたくたですぅ〜。

バイクに乗ってる時は「まだまだ行ける。」って思うのですが、バイクを降りた途端に疲れがドッと来ますよね?

疲れて、あまり食欲も無かったのですが、栄養補給です。

どうも私は、疲れると酢飯を選ぶ傾向にあるな…。
f:id:japandrive:20171011162426j:image

インスタントのシジミ汁うめー。

キャンプって、温かい飲み物だったら何でも美味しい。ww

 

ここのキャンプ場はシャワーがあるんですが、夏じゃないので入りません。

翌日の温泉に期待☆

今回は、焚き火にも挑戦したわょ。

焚き火台と新聞紙を持って来たわ。でも、キャンプ場で拾い集めた小枝がちょっとだけ湿ってたんだょね。着くかな…?

f:id:japandrive:20171011110441j:plain

なんなく着いたわ。

これがいつも出来ない旦那が、逆に謎だわ。

 

暇が嬉しい。

いつも家ではうるさい子供に せかされる毎日なので、誰も私を邪魔しない この空間が素敵すぎて、これは今後、癖になってやめられなくなるな… と感じました。

はー、しっとり夜が更けて行きまするー。幸せー。3日ぐらい連泊したい…w。

 

疲れで眠くなって来ましたが、神経質なので、普通に寝られません。

なので、最近 健康ブームの甘酒を飲んで寝ます。

 

 

2日目。

夜中に一回目が覚めたけど、よく眠れました。早朝に起きたら霧が濃い。
f:id:japandrive:20171011102156j:image
テントの朝露が なかなか乾かなくて、慣れない撤収に時間がかかりました。


やれやれで、10時前に出発。(遅っ!

二日目は、良いお天気どころか暑い!

風呂風呂! 今日は一番に温泉じゃ!

 

途中、見覚えのある道の駅へ。「道の駅 にちなん 日野川の郷」。
f:id:japandrive:20171011102423j:image

なんかカッコいいチビッコライダーのチャリ発見。

釣竿を収納する筒まで装備。すげぇ。パパさんのお手製かな?

持ち主を探すが いない。是非お話がしたかった。

 

ここで、もう一度食べたかったトマトソフトクリームを!!
f:id:japandrive:20171011103241j:image
やっぱり美味しい!

でも、世羅町の道の駅のトマトソフトクリームと、全く同じ様な気もするが、気のせい…という事にしておこう。

 

 

島根県 雲南市木次町湯村温泉」元湯。(写真 左)
f:id:japandrive:20171011102438j:image

小さい温泉でしたが雰囲気も良く、大変気持ちの良いお湯で御座いました。

 


時間は すでにお昼を過ぎていました。腹減ったー。

「道の駅 おろちの里」
f:id:japandrive:20171011102459j:image

ここで、関西から九州へ向かうカブおじさまと遭遇!

なかなか、この様なカッコいいカブに出逢えないんですよね。

まず、ツーリングのカブが、なかなかいないのですょ。

おじさまから「よっ!」って声かけて頂いて、すっごく嬉しかったです!ありがとう!

ところで、ソレソレ!そういう大きいボックスが欲しいのょ!キャンプ道具、全部入れたい!

どこで買えるのか、聞けばよかった。



はぁー、ハラヘリヘリハラ。
遅いランチで御座います!黒木で御座います!

(若い人にはわからんだろうな。同年代の方、下ネタ失礼…。)
f:id:japandrive:20171011102614j:image

小さなファミリーレストラン「バーガーハウス ピコピコ」。

うーん、佇まいから昭和でカワイイ♡
ここ、カブでツーリングされてる方の動画で見てから、来て見たかったんだょね〜。

店内も落ち着くわぁ。昼からズレた時間に来て良かったかも。誰もいないの大好き。
f:id:japandrive:20171011102712j:image
ピコピコバーガーBセット、660円。良心的なお店♡
f:id:japandrive:20171011103324j:image
手作りらしいです。美味しかったです〜。

このお店、実はハンバーガーだけじゃないんです。

スパゲティーもピザもカレーライスも食べられるんです。「小さなファミリーレストラン」とサブタイトルがついてる理由はそこなんですの。

食後の熱いお茶まで出して頂き、とってもくつろげる良いお店でした☆

(駐車場は、お店の向かいにある広い駐車場です。)

 

 

お腹いっぱいになったら最後の仕上げの「おろちループ」です!

f:id:japandrive:20171011102551j:plain

ループが大きすぎて、全然写せないじゃん…。

ここの道の駅は新しくて綺麗だったけど、店内は魅力のない店内で、ちょっとガッカリでした。

やばいやばい、もう16時ーーー!!

f:id:japandrive:20171011102529j:plain

この時間から気温がグッと下がり始めました。秋ですね。

 

 

初めての一人のキャンプ、楽しかったーーー。

今年は、もう無理かなぁ。次は来春かなぁ。

次は、ちょっと晩ご飯を調理したりしてみたいなぁ。

ひとり台風ドライブ

注: 長いです。画像多いです。

 

 

 

この日・月の連休は、ソロキャンプデビューしようと計画していたのに、よりによって この日に台風が直撃するなんて…普段の行いが悪かったのでしょうか。

 

仕方なくキャンプは日を改める事にします。

が、

一人旅は、今じゃなきゃダメなのぉぉお!

 

なんか、田舎から市内に戻って来て、ストレスが半端ないんですょ。

なんなら田舎に戻りたいが、現実はそうも行かないよね。少なくとも、あと10年は我慢しなきゃ。

 

というわけで、台風だろうがなんだろうが、私のストレスは一人旅せんにゃ治まらんわけで。

 

コースを変えて、土曜日の夜から車で出発です!

今回は、高速を使わずに一般道を走ります。

 

第一目標

福岡県北九州市「シロヤベーカリー 小倉店」

 

 

 

家を出て、とりあえず山陽側の2号線をひた走ります。

3時間走ったら眠くなったので、コンビニで仮眠しました。

 

3時間寝て目が覚めたので、また少し走って、今度は「道の駅 きくがわ」で仮眠しました。

夜中に仮眠する環境としては、コンビニの方が安心感があるんですが、トイレや洗面の使いやすさを考えたら道の駅の方が気を使わなくて良いですよね。

 

結局、日曜日の朝方まで雨も風も無かったわけですが、日曜日の朝からはポツポツ降り始め、関門トンネル(有料100円)をくぐって九州入りすると、まぁまぁの雨になりました。

 

小倉駅周辺の下道って行ったことが無かったんですが、すごく都会なんですね!知らなかった。

 

駅前のアーケード近くのパーキングに駐車して「シロヤベーカリー」へ。

老舗って、なんで魅力的なんでしょうかね?飾り気もない店構えなんですが。

年期の入った店員さんが、手際よく応対してくれます。

テレビで見てから ずっと食べてみたかった「サニーパン」‼️
f:id:japandrive:20170918154436j:image

硬めのロールパンの中に練乳がたっぷり入っていて、練乳好きには震えが出る美味さです。

しかもイマドキの平成の値段のくそ高いオシャレパン屋とは違い、安い!パンはこうでなくちゃいかんょ。

 

朝一で無事目標達成したので、足早に都会から脱出します。

 

来た道を戻り、山口県に帰ります。

下関から北上し、第二目標の御馳走に向かいますっ。


f:id:japandrive:20170918094036j:image
「瓦そば たかせ本店」。 お庭が素敵。
f:id:japandrive:20170918094233j:image

 

もちろん瓦そばも、今回で2回目だったけど美味しかったです。
f:id:japandrive:20170918161533j:image

初めて食べた所は「たかせ ゆめシティ新下関店」だったので気軽に食べれたんだけど、本店はお座敷でカップルが多かったので、お一人様は ちょっと居心地が悪かったですね。

まぁ、近所にはご親切にラブホまで並んでるような温泉街ですからね、仕方ないです。

完全にオレの選択ミスッ!(~_~)

 

実は瓦そばは ついでで、本命はこの近くにある珍スポット「麻羅観音」だったのです。

珍スポ好きが、下ネタスポットを避けて通るわけにはいかんでしょーがー!!
f:id:japandrive:20170918155114j:image

しかしながら、ちょっとドキドキ…

道路から丸見えなんだよね~…
f:id:japandrive:20170918155158j:image

通りすがりのカップルなんかに指さされたらどうしよ~…とか心配しましたが、不思議なくらい誰も来ない。車も通らない。なぜ?
f:id:japandrive:20170918155306j:image
(ちなみに、おみくじは大吉だったわ。)
f:id:japandrive:20170918155246j:image

瓦そば屋にたくさんいたカップルは、どこへ?来いよ!ネセサリーでしょうがっ。
f:id:japandrive:20170918155440j:image
ほら、ここにお願い事を書いて奉納するのよ。

まぁ、私が神様だったら、純粋に「赤ちゃんができますように。」っていう願いを一番に叶えてあげたいよね。

 

珍スポットは珍スポットなんですが、実はここにはちゃんと歴史がありまして、それについてはココをクリック。↓

www.nanavi.jp

 

不思議なのは、悲しい歴史を供養する場所であればいいものを、なぜ、どこから、子授け祈願や安産祈願、はたまた精力増進や夫婦円満などと、供養から祈願に変わって行くのだろうか…。

やはり、温泉地を繁盛させる為の集客の手段なのだろうか。

とか言ってるオイラもちゃっかり手を合わせてきたケド。おねーが健やかでありますように☆彡

 

ちなみに、毎年5月には きちんと供養祭が行われているらしいです。

古い歴史を後世へ継承 - 長門市ホームページ

神奈川県のド派手な「かなまら祭」とは違い、非常に厳かに行われている様子。

 

 

麻羅観音を出発する頃には雨足が強くなって来ましたが、車なので気にしない。

 

はい次、「元乃隅稲成神社」。

着いたのは良いが、外は暴風雨です…。

先に駐車場にいた車の中の人達も、どうしましょ…といった表情で外を眺めている。

いやいや、ジッとしててもオモロくないっしょ。

一人が出ると、みんなもつられて出てきます。w

もう傘なんて意味ねぇ。


f:id:japandrive:20170918160647j:image

(↑ これでも、暴風雨の中で頑張って撮ってるんです。汗)

鳥居の上にある賽銭箱に賽銭が入れば願いが叶う とか書いてあったけど、届くわけねぇ。てか、狙えねぇ。てか、小銭を見失いそうでイヤです。涙

 

一番上に展望スペースがあったけど、風に背中から押されてヤバかった。怖

でも、眺めは最高。
f:id:japandrive:20170918160237j:image

 

おみくじも、ちりじりに…
f:id:japandrive:20170918160342j:image

大学生グループがテンション上がって、キャアキャア言いながら岸壁まで降りて行ってて楽しそうだった。カップルもベチャベチャになってるのに、なんか楽しそうに笑ってた。それを見て私もちょっと楽しくなった。
f:id:japandrive:20170918160728j:image

オバちゃんのお一人様がニヤニヤしながら、ずぶ濡れで赤い鳥居をくぐる様は如何なものだろうか。息子が見たら、胸を痛めるかもしれないね。www
f:id:japandrive:20170918160430j:image
眺めとしては、やはり晴れた青い空の時の方が綺麗だろうな。

 

 

それから、すぐ近くの千畳敷にも行ったんだけど、標高が高いせいか霧がかかっちゃって、真っ白で何も見えませんでした。
f:id:japandrive:20170918160844j:image

キャンプ場がどんなだか確かめたかったんだけどなぁ。きっと、ここも晴れたら綺麗。

 

仕方ないので、次、湯本温泉恩湯 市営公衆浴場へ。

 

更地になってました…  _| ̄|○

立て看板によると、

『恩湯は建替工事のため休館中です。平成31年夏ころの開館を予定しております。』って。

何年も前から行きたいと思ってて、やっと行けたのに…あの古い建物に入りたかったのに…もう二度とあの建物には入れなくなったのね…

しかも、

さっきずぶ濡れになったから、ここで思いっきり温まろうと思ってそのまま来たのに。涙

 

諦めて、車の中で着替えました。

あまりにショックだったので、もう他の温泉に行く気にはなれませんでした。

 

 

もう帰ろう。

もう行くとこ無いし、車の中で熟睡できなかったから疲れた。

最後にどこか道の駅に寄って帰りたいなぁーと思って車を走らせると、「道の駅 おふく」がありました。

ここで可愛い物を発見!

猫のちぐら

f:id:japandrive:20170918145740j:plain

※画像は道の駅おふくのブログから拝借。

 

↑ この「ちぐら」は新潟産なのか広島産なのかわかりませんでしたが、もっと可愛かったのがコレ。 ↓
f:id:japandrive:20170918160928j:image
f:id:japandrive:20170918160943j:image

ミニちぐら猫、一目で、娘が絶対気に入る!って思い、ひとつ買いました。

そして、この道の駅でようやくソフトクリームにありつけました。涙

 

そろそろ帰ろうと思ったのですが、帰路を検索していたら わりと近くに まだ行った事がなかった「別府弁天地湧水」があったので、ついでに寄りました。
f:id:japandrive:20170918161132j:image

日没間近だったせいか、台風のせいか、人っ子一人おりませんでした。
f:id:japandrive:20170918161256j:image

遠慮なく車を入り口に止め、貸切状態で青い池を眺められましたが、つい最近に北海道で白金の「青い池」を見たばかりだったので、正直あまり感動がありませんでした。なんか、ごめんなさい。

 

 

夕方、ちょっと晴れ間が見えました。大きな虹が綺麗でした。
f:id:japandrive:20170918161347j:image

帰りは日本海側を通り、北広島町経由で帰りました。

日が暮れると、また雨が降って来ました。

 

毎回の旅で思う事でありますが、通ったことがない道を通るのは楽しい!!

私にとって、一番のご褒美の時間です。

 

行きは山陽側を通り、帰りは山陰側を通ってみましたが、私は山陰側の方が好みでした。

台風のせい(お陰?)もあり、道はとても空いていて、暗くなると異次元を一人で旅してるような感覚がたまりませんでした。

 

 

 

でもやっぱりカブで走りたかったー!

 

こんだけ遊んどいて言うのもなんだけど、

ちょっと不完全燃焼。

農園の町 世羅町 ツーリング

朝9時に家を出発し、ずいぶんと涼しくなった山間部を通り、いよいよツーリングの季節が来たかなぁ〜?!

 

…って、まだでした。

11時ごろ世羅町に着くと、夏に戻ってました。汗

 

何やら賑やかだと思って見てみると、いい大人が田んぼで泥だらけになって遊んでました。w
f:id:japandrive:20170827204801j:image

どうやら、泥んこバレーボールのイベントだった様です。楽しそう〜!

んー、バイクを止めると汗が出て来ます。

いやいや、今日 汗をかくのは ここではなーい!!

 

目的の展望台の入り口がある「今高野山龍華寺」の駐車場です。

正しくは「普門閣展望台駐車場」ですが、ここが一番近い駐車場なのです。
f:id:japandrive:20170827204659j:image

しかし、誰もいない…。

駐車場にも、神社にも、寺にも。

 

私は最近 展望台に凝り始めているので、ネットで調べて ここを知ったんだけど、ここへ来るまでには実際 大した道案内も無かったんですよね。
だから、気づかない人が多いんじゃないかなーと思う。なんか勿体無い。
f:id:japandrive:20170827204434j:image

この地図の右上、山頂の城跡にある古城山展望台が、今日の目的地です。

 

爽やかな入り口。
f:id:japandrive:20170827204408j:image

歩き始めて5分で息切れです…

完全に運動不足です…

傾斜が本気の登山道でした…

行くか、行くまいか…

「やらずに後悔するより、やって後悔!」

私の座右の銘です。

 

注 : 距離は600メートルです。www
f:id:japandrive:20170827204308j:image

途中、何度 意識が飛びそうになったか…

止まって休憩したいのに、止まると虫が集まるんです!涙

 

虫にあおられながら、20分もかかって やっと頂上へ。

全身汗だくです。暑い日に、さらに燃焼させています。バカでしょうか。

し、死ぬる…

誰もいないので、思わず展望台の入り口に横になりました。

 

外観を撮り忘れたのですが、小さなお城の様な建物です。

3階まであります…。
f:id:japandrive:20170827204240j:image

がんばって良かったーーーーー!!
f:id:japandrive:20170827204215j:image

↑ 東、尾道自動車道 方面。


f:id:japandrive:20170827204150j:image
↑ 北、世羅町役場、新山 方面。


f:id:japandrive:20170827204123j:image
↑ 西、田園風景が綺麗です〜。

 

しばらく、呆然と眺めていました。

頭がジンジンしていました。

あぁ、風呂に入りたい。


その後、道の駅で「塩トマトソフトクリーム」を食べました。

道の駅にはライダーがたくさんいました。普段あまり見かけない私の様なおばちゃんライダーや、久々に革のツナギ着てるオジサンライダーも見ました。今日みたいに暑い日には、サウナスーツにしか見えません…。

一つでは物足りず、お豆腐屋さんで「豆乳ソフトクリーム」を食べて、ようやく落ち着きました。

 

その後は、世羅町をグルグル走ってみたりしました。

世羅町は高原地帯であり、農園も多いので、景色がとても美しいと思います。

広島市内から遠いので 今まであまり足を運ばなかったのですが、時々は足を運んで 自然や季節を感じるツーリングも良いなぁと思いました。

先に冷たいものを欲してしまったので、夕方近くにお昼ご飯を。
お好み焼き屋さん「あっくん」。名前がカワイイ。w
f:id:japandrive:20170827203426j:image

 

ここのキャベツは、自家製の朝取れだそうな。おおー、そういうの初めて!

「あっくん自ら…」w
f:id:japandrive:20170827223851j:image

これも、世羅町ならでは?

 

はい、定番の肉たまそば。550円。安っ!
f:id:japandrive:20170827203617j:image

おいちー!!

お店の感じも良い感じでした。

が、ソフトクリーム二個も食べちゃったから、半分お持ち帰りしましたー。w

 

フルーツ、野菜、穀物、自然の恵みがいっぱいの町ですね。

ここに移住したら、食べ物に困らなさそうだね。笑

 

帰りに三次市三和町を通って帰ったけど、世羅町も綺麗だったし、三和町も綺麗だったょ。
f:id:japandrive:20170827223931j:image

 

広島にも、まだまだ たくさん良い場所があるね。

もっとあちこち行って探さなきゃね。

ソロキャンツーに向けて。

一度決めたら行動は早いんです。
問題なのは、熱しやすく冷めやすいこと。汗

 

欲しいな〜と思う物は、なにげにアチコチでチェックしておく。

 

ホームセンターで、小型ガスコンロが三千円。しかも、コンパクトなケース付き。

買いだな。
f:id:japandrive:20170813110658j:image

実は このアイテム、ずーっと何年も前から憧れてました。

とうとう、自分にも使う機会が来るとは…

ちょっと感動。

 

物を揃えて行くのは楽しい事だけど、それを今後どのくらいの頻度で使うのかが怪しいのでw、百均で間に合う物は節約します。
f:id:japandrive:20170813110725j:image

玄関で組みたて・点火・妄想中。

 

ちょうど家族でキャンプに行く事になったので、ちょっと試してみるつもりが、しっかり実用。

(だって、毎度の事ながら、旦那が炭に火をつけるのが下手なんですもん。イラ)

f:id:japandrive:20170813110848j:image

お陰で美味しいご飯が炊けましたわ。

やっぱりガスの力よね。

 

というわけで、問題なく使えそう!

コンロも、ダイソー商品も!笑

 

 

 

キャンプから帰って 家で新聞やチラシを見てたら、スポーツ用品店のチラシに、前からチェックしてたツーリング用テントが!

しかも、三千円も値下げ‼

行かねば!

(キャンプ用品って、お盆から値下げし始めるんだね。チェックチェック!)


f:id:japandrive:20170813111151j:image
というわけで、買いました。

やらねば…w

 

(まとめ)北海道一人旅を終えて。

f:id:japandrive:20170810135011j:plain

あっという間の北海道旅行でした。

しつこく下調べした甲斐があって、順調に大幅な狂いもなく旅が出来ました。

なによりバイクが調子良かったので、安心して旅が出来ました。

それから、今回の旅で何人のオジサンに捕まったのかw、行く先々で…って感じだったので、もうわかりまへん。でも、どの方の、どんなお話も、私にとってプラスだった気がします。これも何かのご縁だったのではないでしょうか。また、どこかで。笑

 

道中 往生したスマホのナビは、実は壊れてませんでした。

auに相談したら、スマホのナビはそういう物だと言われました。

なんじゃそりゃ。

たとえ街中であっても、ビルに電波が反射するので正確じゃなくなるとか。

現在地も1本道がズレてたり、立ち止まっていても現在地が動き続けているのは、よくある事だと。

じゃあ逆に、問題なく使える時があるのは なんでなの?と聞きたかったが、もうめんどくさいからいいや。

使える時より使えない時が多い事は充分わかったので、自分がどこにいるのか分からなくなった時にだけ、だいたいの位置を確認するために使用することにしました。

やっぱり基本 地図が読めないと、なんか旅人として失格な気がするし…。笑

 

でも、タッチ画面が真ん中だけ反応しないという点は故障らしいのでw、修理に出さないといけないらしい。時間がかかるらしい。しかもデータが消えるらしい。涙

 

 

 

そんなわけで、今回の旅で ほとんどナビは使用しなかったので、スマホでは音楽ばかり聴いていました。

車でドライブしている時も、必ず音楽はかけているので、乗り物がバイクに変わっても音楽は必須なのです。

それで今回は、羊毛とおはなの「LIVE IN LIVING'10」と「はじめまして。+2〜入門編〜」のアルバムをよく聞いてたんですが、これが北海道に…そして、一人旅に合うんです♪

個人的意見です。私の旅のイメージが、そんな感じなんだろう。

ほんわかした音楽が北海道の風と混ざり合って、汚れた私を洗い流してくれます。

オススメの曲は、

「空が白くてさ」

「ずっとずっとずっと」

「大きな木と小さな鳥」

「yellow bird」

「晴れのち晴れ」

 

このアルバムには、いろいろカバー曲も入っていて、「デイ・ドリーム・ビリーヴァー」や「少年時代」も 羊毛とおはな色に染まって素敵でした。

ただ一曲だけ、「人魚」という曲が誰の曲なのか思い出せなくて、ずっと家に帰るまでモヤモヤしながら わからず終いでした。

帰って、ググって ようやくスッキリ。

Nokkoの曲だったんですね。久々に聞いて良い曲でした。はなさんが歌って、また雰囲気が変わった感じも良かったです。

 

誰もいないような道ではスピッツを聞いて、思いっきり歌ってました。笑

 

 

 

それから、キャンプ!

ソロキャンプがしてみたくなった!

これは北海道に限らず、近場でもしてみたい。

上の子達が小さい頃に 家族でキャンプをしていましたが、あの道具の多さに毎回ウンザリしてたんです。(実は、今年は久々にやる予定。汗)

キャンプは好きなんですけどね、用意と、片付けが…全然楽しくない。

家族で…となると、すんごい荷物が多いから大変ですよね?ほんと、夜逃げみたい。

そ、荷物なんです。荷物の多さが問題なんです。

でもそれが、一人で。となると、どうなんだろう?

もういっそ、夕飯はスーパーの見切り品で、とか、ラーメンで間に合わせて。朝ごはんもパンにしちゃえば、最低限ガスコンロと小ナベを用意して。

後は基本の、テント、寝袋、マットで行けるんじゃない?

出来れば背もたれチェアーがあれば、座って星が見られるかなぁ〜と。(最近は、すごくコンパクトな物があるね!)

 

そうなると、カブの体勢も考えなくてはならない。

まず今回も少し困ったボックスの位置を、もう少し後ろへずらして付ける。

サイドバッグも検討してみよう。

ベトナムキャリアも検討しよう。

うん、また欲が楽しみが一つ増えたね。わくわく。

 

 

 

何かシメを忘れてる気がする…

 

えー、あっ、

来年も北海道へ行けたら、今度こそ、長男の所へ行く!

だね。w

f:id:japandrive:20170810134455j:plain

↑ 長男から送られてきたニセコの写真。

 

羊蹄山も素敵じゃない!ベレー帽被ってるみたいで可愛いね。

(7日目・8日目)カブひとり旅 ー初めての北海道ー

7/28(金)

行きのフェリーでは、ばかみたいに早く目が覚めたのに、帰りはぐっすり眠ってた。

帰りのフェリーは、行きより少し退屈に感じました。

北海道から離れて行く感覚が、何とも寂しい。

pm 21:15、予定通り舞鶴に到着。下船後さっそく真っ暗な道で迷いながらすぐ近くのビジネスホテルに。汗

他のライダーさんは、ほとんどそのまま帰路につかれた様です。ま、そりゃそうだよな、関西の人が多かったし、大型バイクがほとんどだったもんなぁ。

 

 

7/29(土)

am 7:00

朝から小雨が降っている…。

カッパを着ようかどうしようか考えながら外へ。

北海道みたいに涼しければ、ウインドブレーカーがわりにカッパを着るんだけど、なんせ朝から蒸し暑いもんだから、カッパが暑いのYO!

外に出たら、雨も大した事ないし、空も暗くなかったのでカッパは着ずに薄手パーカーで出発。

 

カブに取り付けたスマホケースには、もはやスマホではなく、メモ帳が入っている…。これがまた、ジャストサイズ。失笑

 

せっかくこんなに遠い所まで来たんだし、どうせ一般道で帰らなきゃいけないんだから、観光の一つでもして帰ろうかと。時間の許す範囲でだが。汗

 

予定では、最初に天橋立(今回初めて場所を知った)に寄って観光して帰るつもりだったのですが、天橋立を上から見下ろせる「天橋立ビューランド」が9時開園なので、それに合わせると帰りが大幅に遅くなってしまうので諦めました。またの機会に…。涙

 

候補②の、兵庫県豊岡市出石町辰鼓楼(しんころう)へ。

f:id:japandrive:20170807180040j:plain

工事中で何も見えないし…涙

代わりに、「ドライブイン いずし」のミニチュアで我慢を。涙

f:id:japandrive:20170807180032j:plain

さみしい…。気を取り直して。

意外と早く着いたので、小京都の様な街をカブで散策。

宗鏡寺(沢庵寺)は、沢庵和尚ゆかりの寺らしいっす。観覧は有料らしいっす。

f:id:japandrive:20170808084620j:plain

 

この辺りの地域は、お地蔵さんが多いですね。しかも、ここのはカラフル!

何体か まとめて置いてある形が多いですね。

f:id:japandrive:20170808084541j:plain

 

出石城跡でお堀の上にたくさんの白い風鈴が飾られていて、すごく風流で素敵だったので、動画を撮ってたんですょ。

#出石城跡 #風鈴 #夏 #兵庫県 #豊岡市 #出石町#カブツーリング #一般道の旅#北海道の帰り道 #思ひ出

そしたらまた、ほら、オジサン来るし。涙

暑いんだってば!

観光に来たんだってば!

もぉー、オジサンめっちゃマシンガンで喋ってくるし、口挟む暇ないし、どうしても喋りたい圧が凄いし、15から絵描きやって広島出身の先輩に世話になってどうのこうの、結婚して離婚して子供達にも絶縁されて…いやいや話がヘビー過ぎるんですけど。

もうお腹いっぱいオジサンの半生聞かされて、20分ぐらい足止めされて汗だくだくですょ。

で、結局 最後に絵を売りたかったみたいなんだけどwww、そこは

ノーサンキュー 。

はい、ちょうどお蕎麦屋さんの開店時間になったので、さようなら。お元気で。頑張ってね。

 

この辺りは有料駐車場ばかりなんですが、駐車場のあるお蕎麦屋さん「近又そば」さんへ。

ここ当たりでした!お店もいい雰囲気。店内は意外と奥行きがあって、綺麗で上品なお店です。元気ハツラツな店員のお姉さんが気持ち良い。

その上、お蕎麦がすごく美味しかったんです。

f:id:japandrive:20170808083412j:plain

ご覧の様に、一人前でも、お蕎麦が5皿に小分けされて出て来ます。

これは、色んな味を楽しめる様に小分けされているんです。

初めてなので、食べる前に お姉さんから食べ方の説明をしてもらいました。

① 最初にお塩だけかけて、素材の味を楽しむ。

② 次にお出汁で食べる。

薬味によって味が変わるので、一度に一緒に入れない様に。

お蕎麦に付いて来るのは、大根おろし・わさび・ネギ、とろろ、生卵と、お出汁。

私はお塩をかけて食べたのが一番美味しかったです。お蕎麦の香りが引き立って、美味しかったです。細めの麺なので食べやすかったです。

美味しくて5皿で足りない人は、追加も出来ます。

食後には、蕎麦湯がもらえます。 んー満足満足。

 

一人前(5皿)780円、追加(一人前)550円。

 

他にも、こんな楽しみ方が出来ますょ。チャレンジして「そば通」に!w

f:id:japandrive:20170805221627j:plain

 

まったりしていたい気分を振り払って、帰路に向かいまーす。

帰りは、来た時と違う道を選びました。

中国地方の真ん中を横切って帰る感じです。山間部です。

津山市の辺りは通った事がなかったので、通ってみたかったんですよね。

 

ツーリングマップルを眺めていると、面白い情報がたくさん載ってますね。

通り道に面白いスポットがないか、探します。

岡山県宮本武蔵の生家があるなんて知りませんでした。

しかも宮本武蔵駅なんていう駅があるなんて!これは行ってみないと!

 

田舎の小さな可愛らしい駅でしたよ。武蔵の幼少期の悪ガキ像もありましたょ。

f:id:japandrive:20170808090609j:plain

f:id:japandrive:20170808090614j:plain

生家には行ってませーん。カット。

さて、帰路に戻ろうとカブにまたがると…熱っ!!

この時、太陽が覗いていたので、カブの座席がカンカンに熱せられていたのでした。

ううう、メッシュシートが付いてれば、少しは緩和されていただろうに…。

 

暑い、やっぱり中国地方は暑い!とにかく蒸し暑い。

津山の辺りまで来ると、平野の田園風景が綺麗ですね。まだまだ知らない日本が、すぐ近くにあるんだなぁ。

津山市内で15時のおやつ?いや、2度目の昼食でございます。レストラン涼すぃ〜〜〜。

「むぎわらぼうし」レディースハンバーグ。

f:id:japandrive:20170808090624j:plain

想像してたハンバーグとはちょっと違ったけど、美味しかったょ。お店の雰囲気も良かった。

 

この辺りから、時間的に ちょっと焦ります。

小雨も降ったり止んだり…。

やばい、寄り道しすぎて日没に間に合わない!お隣の県なのに、全く地名がわからん!方角がわからん!

道を間違えてロスタイムをなるべく作らない様に、時々止まっては地図を確かめ、使えんナビでだいたいの位置を確認しつつ…ようやく広島に入った時には18時!しかも、ここから雨が本降りに!!

うぅー、何もない山の中ー。もうビチャビチャー。

木の下にバイクを止めて、体が冷えるので とりあえずカッパの上だけ着て(下半身は諦めた)、リュックを包んで、はい出発。

ここで役に立ったのが、おねーに教えてもらったこと。大きいバッグの方は、バッグの中身だけを予め大きなビニール袋に包んでバッグに入れておいたんです。おねー、助かったー。

リュックはね、明るい時間は、ビニール袋に入れて前カゴに積んでいたんですが、暗くなってライトが必要になると、リュックがライトを邪魔してしまうので、背負うしかないんですね〜。

それでなくても、もともと暗いライトなので、あれはいつか対策を考えなくてはならない問題です…。

 

ザンザン降りの中を、焦りつつ、事故しない様に気をつけながら帰りました。

三次辺りから?かな?雨が小さくなって、家に着いたのは20時30分でした。

結局、13時間強 かかったのかな〜。休憩・観光含めて。苦笑

 

なにはともあれ、無事に帰れた事に感謝。

お尻の肉が、ちぎれそうなくらい痛かったです…翌朝まで。

よく頑張った、オイラ。

 

 

 

今回の7泊8日の旅で走った距離、約2,160km

ガソリン代は、よく覚えてないけどw、五千円かかってないくらい?かな?

カブちゃん、ずっとマイペースで調子良かったです。感謝感謝っ!

 

 

 

忘れっぽい私なので、今まで書いたページも 後で思い出しては追記していくと思います。

よろしくお願いします。(^ ^;)

(6日目)カブひとり旅 ー初めての北海道ー

7/27(木)

窓際が明るくなり、目が覚めて時計を見るとam 3:40。

………?

時計が狂ってるのかなと思ってスマホを見ても、同じ時刻…?!

昨日の朝までぐっすり寝てて気付かなかったけど、北海道の日の出は早かったぞぉーーー!!

↓ am 3:45

f:id:japandrive:20170806200020j:plain

 

↓ am 4:00

f:id:japandrive:20170806200024j:plain

おいおい、目が覚めちゃって二度寝できないよ〜。 

も〜北海道最後の日なのに〜!

 

ヒグマ〜

ヒグマに会いたかったんだよぅ〜〜〜

 

今回、丸3日しか観光できないと思い込んでいた私。

帰りのフェリーに乗る日は、ただただ小樽に向かって移動するだけだと。(ま、それも楽しいんだけど)

…いや まてよ、諦めるのはまだ早い!

これで北海道が最初で最後だったら、きっと後悔が残る。もう一回 調べ直してみよう!

 

という訳で前日に調べた結果、

上川郡新得町狩勝高原にあるサホロリゾート内に、「 ベア マウンテン」というヒグマが見られる施設がありました!

小樽へ日没までに着けるかどうか、一か八かで行く事に。

 

うへ〜 富良野から遠い〜な〜。(゜o゜)

地図で見ると、富良野と帯広の間ぐらいにありますね。

昨日も通った「拾ってきた家」近くの交差点から道の駅 南ふらの」まで、結構距離があって、トイレもガソリンも喉の渇きも危なかったです。特にトイレが。なんとか間に合ったけど。汗

狩勝峠を越えて下って行く途中に、サホロリゾートへの入口がありました。旭川から、ちょうど3時間で着きました。

おおおおお、予定外の道東入り!!

 

ここは、山口県大分県にあるサファリパークの様に専用バスに乗って園内を回る方法(遊歩道を歩いてもOK)があり、もう一つは遊歩道を双眼鏡片手に歩いて回る方法が選べます。

バスが入るとこ ↓

f:id:japandrive:20170804203226j:plain

 

もちろん、私はスリルがありそうな遊歩道を選びましたょ。

朝一番だからかガラガラで、遊歩道の入場が一人ぼっち。今回の旅で一番心細い瞬間でした…。

f:id:japandrive:20170804204249j:plain

だ、大丈夫なんだろうな、この遊歩道…?ドキドキ

 

最初は全然ヒグマの姿が見えなくて、あ〜失敗したかなぁ〜って思ったんですけど、遊歩道の先へ進むと、なにやら森の中で車が行ったり来たりしてるんです。

f:id:japandrive:20170804203135j:plain

?と思って見てたら、どうも係員さんが熊を車で誘導しているみたいでした。大変なお仕事ですね。お陰で生のヒグマが見られて感動です!!

 

そして、一番奥まで行くと、ガラス越しにヒグマが見られる場所がありまして、そこでさらに興奮してしまいました。

f:id:japandrive:20170804203116j:plain

おおお、人がいる。

ていうか、人に比べたヒグマのデカさが…ひぃぃ。

 

この熊たん、岩にお尻を擦り付けて「かいーの、かいーの」ってやってたの!あはは

https://www.instagram.com/p/BXB_HNjHWt-/

 

立ち上がったぁー!!

でかーーーーーっっ!!!

ちびりそうになったじょ…( ゚д゚)

f:id:japandrive:20170804203121j:plain

 

この子達は双子の兄弟なんだってさ。喧嘩じゃないの、じゃれてるの。

f:id:japandrive:20170805221639j:plain

もうね、もうね、感激ィーッ!

やっぱりツキノワグマとは、全然違うんだね。大きさも、形も。

凄すぎて圧倒される。ずーっと見ていたい。係員のお兄さんの説明も面白ーい。

でも、時間が…北の国のシンデレラなの。

約2時間で、泣く泣くリゾート地を後にしました。

満足です。楽しかったー!やっぱり来て良かったわ!!

(急いで出たので、お土産売り場を見るのを忘れてた…後悔。)

 

「道の駅 自然体感しむかっぷ」に寄ってお土産を物色。

缶詰めの鹿肉(カレー味)を買いました。

 

途中で 台風の影響で工事中の所がありましたが、通行止めは無かったと思います。

 

「道の駅 夕張メロード」で休憩。夕張メロン(300円)を食べました。

f:id:japandrive:20170730205701j:plain

バリバリ仕事中の おねーとメールで一休みして、ぼちぼち疲れもたまり食欲も無かったので、そのまま札幌を目指して進みました。

 

予想より早く札幌に着けたので、北海道ソフトクリームランキング上位のお店「バーンズ」へ寄りました。

見つけにくい店構え…。

f:id:japandrive:20170806201749j:plain

 

f:id:japandrive:20170804210345j:plain

念願の理想の濃いミルク味のソフトクリームです!やっとやっと、最後に美味しいソフトクリームを食べられて良かったぁ。美味てぃー。幸せー。

コーンは、やっぱりニッセイのサクサクコーンに限りますな。

 

小樽港へ着いたのが、17時30分。

本当は、日和山灯台と鰊御殿まで行きたかったのですが、時間と体力の限界でした。

まぁ、これは次回でも行けそうなので。(次回があればですが…はは)

 

小樽では、困った事にバイクを止める場所が無いんです。

一応、観光案内所まで行って聞いたのですが、「そうなのよ、無いのよ〜」と返されただけ。

こんなに毎年ライダーが来てるだろうに、なんで駐輪場作らないの?!って不思議でした。変だょね?

しかも、お土産屋さんは だいたいどこも18時までって…ヤル気無いなぁー夏休みだぞー。中国人観光客も、まだその辺にわんさかいるのに。

仕方がないから、路地裏にコッソリ止めました。で、19時までのお土産屋さんへ急いで行って、最後のお土産を買いました。

https://www.instagram.com/p/BXC_yNjnGqn/

中国語ばかり聞こえて、中国に来たみたい。#小樽運河#駐輪場がない#バイク置くとこない#なんか #パンフレットみたいな二人

 

まだまだフェリーの乗船までに時間があるので、観光案内所の裏の回転寿司「函太郎」へ行きました。駐車場の入り口にバイクが止められるスペースがあったので良かったです。

いつまでも寿司屋のカウンターに座ってられないので、すぐ近くのびっくりドンキーへ移動して時間潰し。

 

9時ごろフェリー乗り場へ。

あら、もう気の早い方達が並んでる。

はい、また小型バイカー弄られタイムです。汗

でも、意外な事に、「オレもカブにしたいんだよね〜」と言うオジサンが2名も!

増えろ増えろ〜カブ主ホッカイダー!!

 

クロスカブが欲しいと言っていたオジサンw、大型バイクにキャンプ用の大きな折り畳みチェアーを乗せててカッコ良かった〜。キャンプに背もたれチェアーは欲しいよね!わかるわかる!笑

 

小型バイクの方とも少し話をさせてもらったのですが、その方は私と同じ様に初めての北海道だったのに、ライダーハウスやキャンプ場や満天の星空まで楽しまれたらしく、なんだかお話を聞いてたら、私なんか ホテルばっかり泊まって、損した様な気分になっちゃいました…。

 

それで、その方に影響されて、次回はキャンプもチャレンジしてみようかなと思いました。

北海道の満天の星空が見てみたいのよ!

常連さんや他のライダーさんの体験談は、本やネットで調べきれない事もあり、すごく参考になります。

 

キャンプするなら、最低でもテントとマットと寝袋を…。どうやって積もう…?

そんな事をふつふつと考えながら、フェリーの寝台で眠りについたのでした。

もう、来年も行く気満々です。

また貯金しなきゃ。